MENU

プロミスに過払い請求できますか?

プロミス過払い金請求から和解まで

消費者金融からお金を借りた場合、返済時に利子も一緒に返済しなければいけません。日本には利息制限法によって、この金額以上の利息を請求してはいけないという値がと定められています。その上限以下であれば、消費者金融は自由に利率を決め請求することができます。その上限というのは、10万円未満のキャッシングであれば年20パーセント、10万円以上〜100万円未満のキャッシングであれば年18パーセント、100万円以上のキャッシングであれば年15パーセントですので、それ以上の利子を借りた側は支払う必要はありません。出資法では年率29.2%を超えない限りは刑事罰に問われないとなっていたものの、利息制限法は消費者金融が守らなくても、罰則がなかったので多くの消費者金融は18パーセントを超える利息を請求していたのです。しかし利息制限法の上限金利を超えて支払った利息が、返済すべき元本より多い場合、過払金が発生し、返済を請求できるのです。でもその場合は過払い金より少ない金額で和解交渉を求めてくることが多いようです。全額返済を求める場合には裁判をする必要があります。
訴訟をした後、プロミスの方から和解を求めてくる場合が多いですが納得できる金額が提示されるまで粘ることもできます。過払い金請求の手順は下で説明します。

 

プロミスのゼロ和解

プロミスも過払金を返済したケースはあります。訴訟提供以外受付ない、返済金額の減額など和解がこじれるケースもあるようです。でも、小額の返金が残っていて、過払い金が発生しない場合はゼロ和解をする方が良いかもしれません。ゼロ和解とは、返済すべき借金を「ゼロ」にするので、過払金も「ゼロ」にしましょう、という提案です。(過払金が多いのであれば、然るべき手段を講じて請求しましょう)ゼロ和解なら電話の話し合いだけで出来る場合もあるようです。余計なストレスを抱えることなく解決出来ますね。もちろん、和解した場合は事故情報として信用機関に載ることもありません。

 

納得できる和解案が出るまで粘るべき理由

 

過払い金請求をするとプロミス側から和解交渉を求められます。電話で交渉になる場合が多いようです。和解する場合は短期間で返金してもらえますが、70パーセントから90パーセントほどしか返ってこない事が多いので少なくなってしまってもいいから早く回収したいという方は和解に応じることができます。裁判になってしまうと過払い金全額+利息をつけて返金してもらえますが、その分時間がかかってしまいます。プロミス側も全額返金を逃れるため、和解案を何度も何度も提出し粘ってくる可能性があります。減額を要求された場合は一度断り、相手がどう対応してくるか見てみる必要があります。この値段なら、と思える額の和解案が提示された時は和解してもいいでしょう。何はともあれ、こちらは払う必要のないお金を払っているわけですから納得できる和解案が出されるまで粘りましょう。

 

プロミスから過払い金を取り戻す

プロミスの場合も過払い金は取り戻すことができます。プロミスは豊富な資金力や大手ということもあって、過払い金請求への対応は良いと言われています。裁判を行わずに交渉する場合、もし過払い金の対象なら比較的早くに払いすぎたお金を取り戻すことができます。ただし、返還の割合は約90パーセントです。回収には3ヶ月ほどかかります。裁判を起こす場合、最終的には過払い金が満額帰ってくることを期待できます。ただし、回収期間は4ヶ月から6ヶ月ほどかかると言われています。裁判をおこすにはいくらか手間がかかりますし、個人で行うのは難しいです。早くお金が帰ってきたほうがいいという心理も働くので、実際には裁判を起こさず和解に持ち込む人のほうが多いようです。

 

プロミスへの過払い請求の手順

プロミスに過払い金請求する際の手続き手順は?

1.取引履歴開示請求 まずは、プロミスに対して取引履歴の開示請求をします。
2.引き直し計算 開示された取引履歴をもとに過払い金の計算をします。過払い金の計算は非常に複雑です。自分で請求する方は、計算ミスがないよう、また、引き直し計算ソフトを持っている方は、入力ミスがないようにしてください。弁護士や司法書士に依頼する方は、計算結果が出るまでに時間がかかることがありますので、覚えておきましょう。
3.プロミスに過払い金の支払い請求 計算ができ、金額が算定できたら、プロミスに支払請求をします。請求方法は指定されていませんが、請求の日付が分かるようにFAXか郵便などの証拠が残るものが好ましいでしょう。
4.和解交渉 請求後にはプロミスの担当者との交渉に進みます。もちろん、プロミスの担当者の方々は交渉に慣れていますから、納得するような金額が提示されないことが予測できます。ですから、不安な方は、法律問題や交渉のプロである弁護士に頼むのがよいかもしれません。
5.過払い金返還請求訴訟を提起 交渉で納得のいく金額が提示されない場合は訴訟を提起します。自分で訴訟提起する場合は、相当な勉強が必要です。ですから、訴訟や裁判所とのやり取りに慣れている弁護士や司法書士に頼むのも迅速に進めるためには良い選択かもしれません。
6.過払い金の返還 勝訴判決か、和解が成立すればプロミスから過払い金が返還されます。

 

以前プロミスを含め多くの消費者金融は法律があるにもかかわらず25.55パーセントの高金利で利息を定めていました。平成19年12月19日以降は17.8パーセントに引き下げられていますが、平成19年12月より前に借り入れをしたことがある方は一度確認をしてみましょう。過払い金請求をすれば、今まで払いすぎていた利息を払い戻してもらうことができます。。
実際どんな時に過払い金請求が起こるのかというのを説明します。
2007年にプロミスは金利の上限を現行の17.8%にしました。
それ以前の消費者金融はプロミスを含め、本来守るべき貸金業法を無視し、出資法にのっとって金利を設定していました。
出資法の上限金利は貸金業法のそれよりかなり高く、25.5%でした。なおかつ貸金業法には罰則規定がなかったため、金利の高い出資法にのっとって多くの消費者金融は業務を行っていました。
そのため、2007年以前にプロミスを利用していた方は返済の際に利息を払いすぎている可能性があります。時効は10年ですので、返済し終わってから10年経過していないようであれば、請求ができます。
もちろん今からプロミスを利用する方にとっては、利息を払いすぎるというようなことは起こりえないので、安心してお金を借りることができます。